Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE
OTHERS

Resonanced Sky *notepad*

(memoclip for design,art,photo,music.....)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink | スポンサードリンク | | - | - |
<< portのコンピレーションCD『port doc.1-5/V.A.』と記念live event@アップル ストア 銀座 | main | ピエール・バルー フィルム・フェスティバル(11/21-26) >>
米大統領選:電子投票の激戦州で異様なブッシュ票

Mainichi.comより
市民団体「ブラック・ボックス投票」によると、光学読み取り式投票機を使用したフロリダ州カルホーン郡では、有権者登録をした8350人のうち82.4%が民主党員で、共和党員は11.9%しかいない。投票率71.4%での推計ではブッシュ氏709票、ケリー氏4911票だったが、開票の結果はブッシュ氏3780票、ケリー氏2116票で、ブッシュ氏の得票は予測より433.2%も増えた。

 有権者登録者の88.3%を民主党員が占める同州リバティー郡でもブッシュ氏1972票、ケリー氏1070票だった。

 一方、オハイオ州フランクリン郡ガハナ地区では、638人しか投票しなかったのに、タッチスクリーン式の投票機がブッシュ氏4258票、ケリー氏260票とはじき出した。同郡選管が調査しているが「原因は不明」という。(中略)ジャーナリストのトム・ハートマンさんは「出口調査はケリー氏勝利を予測していた。出口調査と選挙結果がかい離するようになったのはこの10年、電子投票機が導入されてからだ」と指摘。
アメリカでの「不正投票」はどうやら日本国内選挙での組織票や票の買収と同じ位既成事実化しているようだがしかし。現在のような”21世紀の歴史の特異点”のような時期にこのような不正が顕在する事が露剖したらどうだろう?
(今回は2000年と比較して投票者数が相当増えたが、その大部分がブッシュ票に流れたという分析もある。・・・もっともこれは”もっと別な理由”によるものかも知れないが)
 「Blue state's blue」に沈んでいるのは何もアメリカ国内だけの話では無い。 このnewsからこの先どんな事態に波及するのかは現時点では予想もつかないが。

※米大統領選に関して更に深く考察してみるテキストは、今週中にresonanced sky本館にアップ予定です。
| - | permalink | resonanced sky | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | permalink | スポンサードリンク | 20:40 | - | - |









http://resonancedsky.jugem.cc/trackback/197
NEW ENTRIES